自動車保険 おすすめ 安い

自動車保険がよくわからない方にオススメの保険会社の探し方

自動車保険 よくわからない

自動車保険 用語

自動車保険 車両保険

自動車保険 相場 平均

 

自動車保険の仕組みはなかなかわかりにくいですね。
専門的な用語が多いので、それだけで読むのが嫌になります。

 

でも自動車保険の補償には大きく分けて4つあり、事故の時に支払われる保険金をいくらに設定するかによって1年間支払う保険料が決まるのです。
その4つというのが1対人賠償 2対物賠償 3人身傷害か搭乗者傷害 4車両保険です。

自動車保険 対人賠償

 

このように事故の相手に支払われるもの、自分に支払われるもので名称が分けられているのです。
ではこれらはどのくらいの補償があれば安心なのでしょうか?

自動車保険 対物賠償

 

対人賠償と対物賠償は事故の相手に支払われる補償です。
万が一相手を死亡させてしまったら、1億円以上の賠償金の支払い命令が来ることもありますから、これらは必ず無制限にしましょう。

 

人身傷害や搭乗者傷害は自分の怪我などの備えるものです。
加入しないという方もいますが、相手が無保険の場合もあり得ますので最低限の3000万円でも加入しておくと安心です。
養っている家族がいる方や余裕がある方はもう少し多めにしておくといいですね。

 

※なお人身傷害と搭乗者傷害は保険金の算出方法など少し違いがあります。

 

そして車両保険ですが、これは車次第ということになります。

自動車保険 仕組み よくわからない

 

車両保険をつけると保険料がかなり上がります。さらに自動車保険を使って修理をした場合、翌年の保険料がアップするケースが多いです。

 

古い車や買い替えを検討している車であれば、車両保険は必要ないかもしれません。
あとはローンの有無、万が一の修理費の貯金などによって決めましょう。

 

車両保険の一般型は補償される範囲が広い分保険料が高いので、エコノミー型にして範囲を制限することで保険料を安くすることも可能です。
前に車にイタズラされたけど犯人が捕まっていないとか、大きな川の近くに住んでいるなど、条件は人それぞれですからしっかり検討するといいですね。

 

ここまで決めれば、あとは自動車保険一括見積もりをするだけで、同じ条件で複数の保険会社からの見積もりを取ることができます。

 

簡単便利なのに利用料は無料ですから、ぜひご活用ください。

 

自動車保険 探す

 

 

 

手抜き 工事 外壁塗装